書きやすいボールペンとして人気のゼブラの「サラサボールペン」の特徴

仕事をしていると小さな字を書かなくてはいけない場面が良くあります。そんな時に細くて書きやすいボールペンを持っていると便利です。

そこでオススメなのがゼブラのサラサボールペンです。累計売上5億本突破するゼブラを代表するボールペンです。その人気の秘密は細くても超精密にペンの先加工が施してある事。

ボールペンがどのようにしてインクが出ているのかといいますと、ペン先の小さなポールが筆圧で押されながら回転しその動きによって隙間からでるインクによって文字が書けます。

実はペン先が細いボールだと動きを良くするのが難しくダマになったり、かすれてしまったりするそうです。

ですが、ゼブラでは1000分の1mmの高い精度で加工をしているので、細い0.5mmのボールの先でもスムーズに動いて常に一定量のインクをペン先に送り均一に書けるようになっているそうです。

ゼブラでは、筆記試験機というのがあり、新品のペンをセットするとボールペンが均一に線が書けているのか3時間をかけてテストをします。

サラサボールペンの先のサイズは、0.3~1.0mmまでのボール径と46色のインク色が揃っています。インクはジェルインクでさらさらと書け耐水性に優れた水性顔料が使われています。