冬の野菜で医師が摂りたい第一位の野菜は?

ガン予防や健康維持のために医師が摂りたい冬にオススメの野菜のおススメは大根!

大根の効果とは

今は一年を通して食べれる大根ですが、大根は冬野菜の代表の一つです。医師が冬の健康のために摂りたい野菜のアンケートをとったら大根が1位になったそうです。※ MedPeer調べ

その他に選ばれた野菜の順位以下の通り。
1位:大根 (164票)
2位:ほうれん草 (135票)
3位:白菜 (110票)
4位:ネギ (97票)
5位:ブロッコリ (84票)

大根に含まれている栄養素は、日本人が不足していると言われているミネラル、カルシウムや鉄分は野菜の中でもトップクラス。さらにビタミンCも豊富に含まれています。

さらに、優れているのが、ジアスターゼ、イソチオシアネートと言う成分が含まれているんだそうです。あまりと言うか、初めて聞く成分ですが、どんな働きがあるかというと、

ジアスターゼ・・・胃腸の働きを良くしてくれ、胃もたれや胸やけを防止してくれるなど消化を助けてくれる働きがあるので、食べ過ぎや食欲の無い時に効果があります。

イソチオシアネート・・・発がん性物質アセトアルデヒトの働きを抑制するのに効果的で国立がんセンターの研究では、大根などのアブラナ科の野菜を日常的に摂っている人と、あまり摂っていない人を比べると、日常的に摂っている人の方が食道がんになるリスクが約3分の2に抑えられると言う研究データがあるそうです。その他にも動脈硬化予防や殺菌作用があります。

大根を効果的に食べる

実は大根は、葉っぱの部分のほうが、カルシウム、鉄、カリウム、マグネシウムなどミネラルの栄養がたっぷり含まれていて栄養価が高いのです。今まで捨ててしまっていた人は、ぜひこれからは捨てないで食べましょう。

そこで、簡単にできる料理が、大根の葉と豚ばら肉を炒めて大根おろしをかける!

大根の葉っぱに多く含まれるビタミンAと、豚肉のビタミンBが油で炒めることで効率良く摂れて、大根おろしをかけることでジアスターゼイソチオシアネートがたっぷり摂ることができます。

ジアスターゼとイソチオシアネートは熱に弱いので加熱した調理方法でもOKです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です