TV番組『スゴ腕の専門外来』で紹介された肩痛の名医!

どんなにひどい肩こりも治すと評判の肩こりの名医、東京女子医科大学 東医療センター 肩関節外来の創設者 整形外科医 神戸克明先生。

肩関節外来とは、日常生活に支障をきたすほどの肩の激痛で悩む患者さんに特化して治療を行っています。

手を上げられ無いほど肩が激痛だった人が、神部先生の治療を受けたら以前のように肩の痛みが無くなり手を上げることができるようになったと言う患者さんが多いのです。

その、神部先生の治療方法とは?

神部先生いわく、最近分かってきたのは、肩こりは肩甲骨にゆがみがあることが分かってきたそうです。肩こりには3つのタイプがあり、その中で自分に合った治療方法を実践するのが大切だと言います。

まずは、自分の肩こりがどのタイプなのか見つけましょう。

『肩甲骨の扉タイプ』

①手と両肘を顔の前で合わせます。
②そのままのの状態で手を上げて、顎の高さまでくれば問題ありません。

顎の高さまで上がらない人は『肩甲骨の扉タイプ』。肩甲骨が扉のように開いているのでスムーズに手が上がらない。パソコンなど猫背の姿勢を長時間しているとなりやすいそうです。

■肩甲骨の扉タイプ改善方法
①立って握りこぶしを腰に当てる
②その姿勢で肘を後ろにして3秒数えます。

これを、1日朝昼晩10回ずつ行いましょう。

『おじぎタイプ』

①立って、両手を横に広げて片足の足を90度に上げます。
②その状態で、10秒間キープします。

その時、グラグラゆれたり少しでもよろけたら『おじぎタイプ』。肩甲骨がおじぎをするように前に傾いている状態。背骨が歪んでいるために重心がズレている人に多い。鞄をいつも同じ肩にかけていたり、左ばかり下にして寝るとか、右ばかり下にして寝ているなど偏った姿勢で寝ている人に多い。

■おじぎタイプの改善方法
①両手を合わせて真っ直ぐ上げる
②その状態で腰を右に傾け5秒間キープ。
③真っ直ぐに戻り、今度は腰を左に傾けて5秒間キープする。

1日に左右5回ずつ、朝昼晩3セット行いましょう。

『ハの字タイプ』

①両肘を直角に曲げる
②脇を閉めたまま腕を外側に開く。

その時、45度以上開かない人は『ハの字タイプ』。これが、最も重症で肩関節に問題があり改善できる効果的な体操はないので特別な治療が必要になる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です