何十年も苦しんだ腰痛を1時間で解消する名医!

腰痛で悩んでいる人って、私のまわりでも多いんですけど、現在、日本全国で腰痛の悩みを抱えている人は約2800万人と言われているそうです。

そんな中には、何十年もその痛みと闘ってきた人がいます。何をしても改善されなかった腰痛がたった1時間の治療で痛みが解消された、常識を変える腰痛治療を行っている話題の病院をスゴ腕の専門外来と言う番組で紹介。

神の手と言われている腰痛の名医がいるのは、東京の世田谷区にある出沢明PEDクリニック。

出沢明PEDクリニックの出沢明院長は、内視鏡治療の世界的名医。数々の革命的な治療方法を生み出し、専門医の育成や器具の開発まで自ら行っている内視鏡治療のトップリーダーです。

その、出沢院長に診察に訪れた患者さんは42歳の男性。30年前から腰の痛みで悩み他の病院で診察をしてもらうとヘルニアと診断されたそうです。これまでは、痛みをだましだまし生活をしてきましたが、最近、突然痛みが激しくなり、歩くのもままならない症状になり、このクリニックに診察にきたそうです。

椎間板ヘルニアとは、腰椎の間の軟骨が飛び出してしまい神経を圧迫してしまい激しい痛みが伴う病気。

出沢院長がこの男性の患者さんに行った治療方法は、出沢明院長が2003年に日本で初めて導入したPED手術と言う治療方法。

PED手術の方法は、内視鏡を使って背骨の中に入り、痛みの原因であるヘルニアを直接を取り除いて神経の圧迫を取り払う手術。出沢明院長の話では、この治療方法を行うと8割の方が症状が改善されるそうです。

長年ヘルニアで悩んでいた男性の患者も、あれだけ痛みで歩けなかったのに、手術を受けると普通の人と全く変わりなく歩けるようになっていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です