料理をしている時、知っていると得する事!

先日、TV番組の日本人の3割しか知らないことで、ちょっとの工夫で大違いスペシャルを放送!

その中で、料理をしている時、知っていると得するかも!と思う内容がありましたのでまとめました。

(1)パスタなど茹でているとき、鍋からの吹きこぼれを予防するために何かやっていますか?
実は、サラダ油を少し入れるだけで、吹きこぼれを予防することが出来るんです。なぜかと言うと、これは、サラダ油の油膜が泡の発生を抑える作用があるんだそうですョ。

(2)冷蔵庫にレタスを入れて置くとしおれてしまい少し元気がなくなります。そんなレタスをシャキッとさせたい時の方法!
少し前は、冷たい水に入れるとシャキッとすると言われていましたが、実は50℃位のお湯に入れるとシャキッとします。レタスなどに含まれている食物繊維は43℃~50℃位が固まりやすい性質をもっているので、水よりもお湯の方が吸収しやすく素早くシャキシャキになります。

(3)ゆで卵を作って殻をむくとき、きれいに剥けないことありますよね。
茹でる前に画びょうなどのピンで穴を開けるときれいに剥けます。これは穴を開けることで殻と実の間に空気が入り剥きやすくなります。

(4)カレーやシチューなどお玉でお皿に入れる時、垂れてしまいますよね。
そんな時は、お玉をもう一度鍋にあるカレーの中に入れてつけることで垂れなくなります。液体は表面張力でお玉の下のカレーが鍋に引っ張られるためなんだそうです。

(5)ビール飲むときは、泡が適度にあった方が美味しくいただけますよね。でも、泡が少なく注いでしまうこともよくあります。
そんな時は、割りばしを入れると泡が作られて美味しく飲むことができます。割りばしの表面は凸凹が多く、それが空気を含んでいるため炭酸ガスが集まり泡立ちます。

(6)ハンバーグを作る時、ひき肉をこねた後の手を洗うのって脂がついて大変ではないですか?
実は、砂糖を手に擦り込んだ後、少量の石鹸で洗いゆすぐだけで、砂糖の粒子が脂を包んでくれるのできれいに脂が落ちます。

(7)酸化して黒くなったリンゴはオレンジジュースを入れて10分浸すとオレンジのビタミンCが酸化してできた黒ずみを元に戻す働きをしてくれます。

以上ですが、いかかですか?日常的な事なのでなるほどと思う事ばかりですよね。参考にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です