エレベーターの非常ボタンの押し方知っていますか?

数年前までは非常時の時のことはあまり気にしていませんでしたが、近年、地震が多くなり日本のどこかで揺れている感じがしませんか?

友人が言っていたんですが、エレベーターのボタン押したけど返答がなかった・・・・と。

聞いたことあります。もし私なら焦ってしまいそう。。。。

なかなかエレベーターのボタンを押すことはありません。これは良いことなんです。

ですが、地震や停電などの時、たまたま乗っていたエレベーターが急に止まり真っ暗になったときの正しい対処方法は知っておきたいものです。

先日、NHkで放送していたんですが、エレベーターの非常ボタンの押し方ですが、普通にボタンを押すだけでは反応しないそうです。

地震や停電でエレベーターが止まって真っ暗になっても、非常時の時の非常灯は点灯しているそうです。

その灯りで非常用のボタンを押しますが、一回押すだけでは外部とは連絡がとれないそうです。

外部と連絡する場合は長押しをしましょう。すると呼びだし音がなりアナウンスが流れオペレーターが対応してくれるようになっているそうです。

どうして長押ししないとつながらないのか?といいますと、ボタンを一回押すだけだと押し間違いが多く、それを防ぐために長押しになったそうです。

実は、エレベーターのボタンの仕組みは、一回押すだけだと管理室につながるようになっているのだそうです。ですが、管理室に誰もいなければ連絡がとれません。

その場合は長押ししてください。24時間対応の監視センターにつながるようになっているそうです。

とにかく非常時は焦らないで落ち着いて対処することがとても大切だとも話していました。

ゴルフボール買取ってご存知ですか?

ゴルフボール買取のレアレアゴルフをご存知ですか?
ゴルフボール専門店が行っている高価買取サービスです。

個人的に不要になったゴルフボールや全国のゴルフ場で回収されたOBボール、ロストボール、池に沈んでいたボールなどを買取ってくれるサービスを行っているみたいです。

どんなメーカーのゴルフボールも買取OK!
メーカーのボールによって査定ランクが【A】から【D】まであり、数量は500個から多ければ多いほど大歓迎なんだそうです。汚れていても構いません。種類別にわざわざ選別する必要もありません。

  • A-5ランク・・・有名メーカー買取・査定 @100
  • A-3ランク・・・有名メーカー買取・査定 @ 80
  • A-2ランク・・・有名メーカー買取・査定 @ 70
  • A-1ランク・・・有名メーカー買取・査定 @ 50
  • A ランク・・・有名メーカー買取・査定 @ 30
  • B ランク・・・有名メーカー買取・査定 @ 20

※これはボール1個あたりの買取価格の目安です。

高価買取査定対象のゴルフボールは、タイトリスト・ブリジストン・ダンロップ・ミズノ・テーラーメイドなど、

  • タイトリスト・・・PRO V1/V1xシリーズ/VG3
  • ブリヂストン・・・ツアーステージ PHYZ/V10
  • ダンロップ・・・XXIO PREMIUM/スリクソン Z-STARシリーズ
  • ミズノ・・・JPX DE シリーズ
  • テーラーメイド・・・TP BLACK/RED

有名メーカー品は多少の傷があっても高価買取を実施していますが、有名メーカー品であっても変色・深い傷・極度のかすれ・消えないマジックなど不可球は、買取価格が付きません。

絶滅種ニホンカワウソが対馬で発見か!

今ニホンカワウソが発見されたんじゃないかと話題になっていますね。

これって結構スゴイことらしいですけど、気になったので少し調べてみると、

絶滅種に指定されているニホンカワウソは、

1965年に、特別天然記念物に指定されたとても貴重な動物です。

1979年に、高知県須崎市新荘川で撮影されたのを最後に

今日まで生体が確認されていないそうです。

まあ、目撃したという情報はちらほらあったのかもしれませんが、

どれも確信が持てるような目撃情報ではなかったんでしょう。

同じカワウソでも、よく私たちが動物園や水族館で見かける

コツメカワウソとは少し種類が違うようですね。

今回のニホンカワウソの発見は、琉球大学が発表しましたが、

当時、長崎県対馬でツシマヤマネコの研究をしていたらしく、

この研究で設置したカメラに偶然ニホンカワウソが映り込んだようです。

もし、映り込んだカワウソが絶滅種のニホンカワウソならば、

1979年以来、38年ぶりの大発見になりそうですが、

実際のところは、まだニホンカワウソかどうかわかっていません。

今年2月6日に撮影された動物の映像を見てみると、

プロポーションや顔立ちなどからカワウソには違いないです。

昔は、日本全国に生息していたと言われていますが、

2012年には、絶滅種に指定されていることから、

あまり期待しない方がいいかもしれません。

長崎県対馬で細々の生き残っていた可能性もありますが、

韓国から泳いで渡ってきたんじゃないかという

ニホンカワウソであることを否定する説もあります。

ただ、韓国から泳いでくると言っても、

朝鮮半島からは50キロも距離が離れていますし、

対馬海峡は流れも強いので渡ってくる説は疑問が残ります。

だから、まだニホンカワウソである可能性も十分にあると考えられます。

琉球大学では、引き続き調査を続けていくみたいですが、

映り込んだ動物が、ニホンカワウソであればいいですね。

今後も琉球大学の調査結果の続報に期待していこうと思います。