ネットでの衝動買いを抑える対処方法

インターネット上で出てくる広告。自分が気になっている商品ばかり表示されるのでついリックしてしまい、詳細ページに行きつい買ってしまった!

すると、次々に欲しくなってしまいその欲を抑えられなくなり、また購入してしまう。でも購入したものが配達されたときは何で買ってしまったのか。。。。後悔したりして、、、、こんな事が私は良くあります。

そんな衝動買いを抑える対処方法を明石家さんまの番組「ホンマでっか!?TV」で放送していました。

方法を紹介したのは、心理学者の植木理恵先生です。植木先生の話によると人間が興味がある魅力的な映像を見て体温を測った実験があって、そのデーターによると人が「いいなぁ」と思うと体温は上昇して、その時間は2時間なんだそうです。

2時間過ぎれば体温が下がり「なんで買おうと思ったんだろう?」と、冷静な判断ができるようになるそうです。

なので、ネットで気になった商品を見つけたときは一旦「カート」に入れておいて、一晩寝て、翌日もう一度その商品を買うか考えると良いそうです。欲しいと思った商品があってもすぐに買わないで翌日まで待ってから購入ボタンを押すようにしましょうね。

ミニスーパーファミコンがクリスマスに発売か?

ここ最近の任天堂が、新たな製品をリリースするんでしょうか。

つい先日、「ミニスーパーファミコン」が2017年のクリスマス頃に

海外で発売されるんじゃないかというニュースが、

海外メディアのEurogamerによって世界に流れました。

ただし、日本での発売ではなく、海外で発売されるらしいです。

なぜ、日本からではなく海外での発売なんでしょうか。

すでに、「ニンテンドークラシックミニファミリーコンピューター」

略して「ミニファミコン」が、2016年11月に発売されていて、

品薄状態になるほどのヒット商品になりました。

ところが、なぜか生産を一旦終了することが決定しましたね。

人気商品なのに今回の決定はちょっとよくわかりませんが、

もしかして、生産が追いついていないんでしょうか。

確か2017年2月時点での全世界での総販売台数が、

すでに、150万台を突破しているとか言われていますからね。

まあ一旦終了というだけで、いつかまた生産を再開するそうなので、

まだ手に入れてない人にとっては少し安心ではあります。

ひょっとしたら、今回の「ミニファミコン」生産一旦終了は、

海外で発売が噂されている「ミニスーパーファミコン」と

何かしら関係があるのかもしれませんね。

それはそうとして、気になるのは、どんなソフトが収録されるかですね。

「ミニファミコン」も名作揃いのラインナップになりましたが、

「ミニスーパーファミコン」もかなり期待しちゃいます。

最近の任天堂は、「ミニファミコン」だけでなく、

「ニンテンドースイッチ」も売れ行きが好調みたいで、

一時期の低迷からは脱出しつつある感じです。

今回新たに判明した「ミニスーパーファミコン」の発売の件ですが、

まだ噂であってはっきりと発売が決まったわけではありません。

おそらく、このニュースが真実ならば、

海外だけでなく、日本でも発売されるでしょう。

もしかしたら、日本から先に発売されるかもしれません。

いずれにせよ、今後の任天堂の動向に注目ですね。