ソースと醤油をかける前に見分ける方法

外食をしたとき、テーブルに置かれているソースと醤油。

容器に何も書かれていないと、ソースもしょう油も同じような色をしているので、見た目ではどちらが醤油なのかソースなのかかわかりません。

実は簡単に見分ける方法があるんです。ただ容器を振るだけなんです!

ビンの容器を持って軽く回すように振ってみましょう。すると、泡がでてくるんですが、ここで見分けます。

  • 泡が直ぐに消えるのがソース
  • 泡が残るのがしょう油

なんだそうです。

醤油の場合泡が残る理由は、大豆とか小麦粉を使っているので泡立ちしやすくて、キメが細かいので消えにくいんだそうです。

一方のソースは糖質が入っているので、糖分が粘り気を出して泡が大きくなり消えやすいそうです。

外食して、どちらか迷った時には瓶を持って少し振ってみるといいですね。

埼玉県の鳩ケ谷町民がなんにでもソースをかけるわけ

どこの地域にも、知らない間に確立された習慣と言うのがあるかと思いますが、今回は埼玉県川口市鳩ケ谷の皆さんの習慣について書きます。

鳩ケ谷町民の皆さんは、どんな料理にもソースをかけて食べる習慣があるそうです。

いったいどんな料理にソースをかけて食べているのかと言うと、グラタン、餃子、天ぷら、焼サンマ・・・・など、今度、餃子にソースかけてたべてみようかな。。。

えーっつ!!と思うメニューではなんと団子。団子にもソースかけて食べているんだそうです。見た目は、みたらし団子、でも味はソース。鳩ケ谷町民の多くの方が美味しいと言って食べていますが、はたして美味しいのだろうか?

鳩ヶ谷ソースだんごは1本100円なんだそうです。

ところで、鳩ケ谷の方々がどうしてソースをかけて食べるようになったかと言う理由ですが、実は、鳩ヶ谷はソースの大手会社、あのブルドックソースの工場がある町なんです。

工場の開業当時は鳩ケ谷に住んでいる多くの人がその工場で働いていたそうです。そんな事もあり家庭で良くソースが使われるようになったんだとか。

そんな鳩ケ谷にもソウルフードがあります。それは、鳩ヶ谷ソース焼きうどんです。

実は、埼玉県はうどんの生産量が全国第2位なんだそうです。そこで、まちおこし事業の一環として、埼玉のうどんとブルドックソースをコラボさせてご当地グルメとして開発したのが鳩ヶ谷ソース焼きうどんなんだそうです。

おいしそうですね。お店でも食べれるそうなので鳩ケ谷に行ったら食べてみてくださいね。

ハウス食品が開発した涙が出ない玉ねぎ「スマイルボール」

玉ねぎを使う料理は本当に多いです。玉ねぎをカットするたび涙を流している人は多いのではないでしょうか。

涙がでない玉ねぎはないのか?それを解決する玉ねぎがあるのをご存じですか?

そのたまねぎはハウス食品が開発した「スマイルボール」と言うたまねぎ。どんなに細かく切っても、さらに目の近くでたまねぎを摩り下ろしても、全く涙が出ないんだそうです。どうして、そんな玉ねぎが開発できたのでしょう?

玉ねぎを切ると涙が出る原因は、玉ねぎのアミノ酸と酵素が玉ねぎを切った時に混ざり刺激物質に変化するからなんです。その刺激物質は目に入ると涙が出て、口に入ると辛味を感じさせます。

ハウス食品が開発した玉ねぎスマイルボールには、その刺激物質を作り出している酵素が全く含まれていません。

でもどうしてハウス食品が涙がでない玉ねぎを開発する事になったのだろうか?
ハウス食品では、カレーのルーの開発はもちろんですが、中に入れる食材の研究もしているそうです。

そんな中、数多くある玉ねぎの中にも酵素が比較的少ないものがある事を発見!その玉ねぎを育てて種を取り、その玉ねぎから新しい玉ねぎを栽培して、さらに、その中から酵素が少ない玉ネギを選び、その玉ねぎから、また新たな玉ねぎを育てる、と言う作業を繰りかえし行ったのです。

一体、どの位の期間この繰り返す作業をしたと思いますか?
なんと10年間も繰り返したんだそうですよ!そして、やっと涙の出ない玉ねぎが誕生したんだそうです!凄い!

しかも、刺激物質がないので、生でかじって食べても甘くて美味しく食べる事ができる玉ねぎなんです。通常玉ねぎは辛いので切った後、サラダにするときは水にさらしてから調理している方も多いかと思いますが、水にさらすと玉ねぎが本来もっている身体に有効な成分が抜けてしまいます。

ハウス食品が開発した玉ねぎスマイルボールは一切水にさらす必要がないので、有効成分をしっかり摂取する事ができるのです。

このスマイルボールの旬は秋から冬です。ですが現在まだ数が少ないので、限られたスーパーでしか購入する事ができません。気になる方は、ハウス食品のお客様相談センターに問い合わせてみてください。0120ー50ー1231 (受付時間:平日午前9時~午後5時まで。)

ドレッシングなどしっかり混ざる振り方

ドレッシングとか焼き肉のたれなどを使おうと思った時、分離しているので、しっかり混ぜるために容器を振りますが、皆さんはどのように振っていますか?

私はこれまで容器を縦に振っていました。ところが、先日テレビを見ていたら違っていました。

効率よく、しっかり混ぜるなら実は手首をスナップさせながら容器を横に振った方がおススメだったんです。

番組では、縦に振ったものと、横に振ったものを比較したら、10分経っても横に振った容器は分離しないでしっかり混ざったままでした。

これからを容器を横に振ってみてくださいね。

味の素のギョーザの失敗しない焼き方

スーパーに買い物に行った際に、いつもより安く販売しているとついまとめ買いをしてしまう味の素のギョーザ。年間約1億パックも売れていて、15年間連続1位の人気の冷凍食品なんだそうです。

これを食べるまでは、ニラ、ひき肉、キャベツ、ギョーザの皮など買って自分でギョーザを作って食べていましたが、味がいまいちでジューシーでもない。

そこで、CMで見た味の素のギューザを買って食べたら美味しさにビックリ!お値段も購入しやすい価格なので、それからは自分でギョーザを作らなくなりました。

味の素のギョーザが美味しいのは具材のバランスもありますが、もう一つ美味しい理由はあのパリパリの羽根つきです。TVで味の素の会社の方がその羽根つきの焼き方を伝授していましたので紹介します。

  1. フライパンにギョーザをいれます。油も水も必要ありません。
  2. フタをして中火で約5分焼いたらフタをとります
  3. さらに約2分焼いて全体に焼き色をつけたら完成!
  4. フライパンにお皿でフタをして、反対にするときれいに盛り付けられます。

こんなに簡単に誰が焼いても失敗しない理由は、フライパンで熱すると羽根の元から油と水分が溶けだすようになっているそうです。

そして、もう一つ重要なのが火加減です。中火で焼くように袋にも記載されていますが、その中火がどの位の火加減なのかよくわかりません。そこで味の素では、中火の火加減を分かり易く写真を袋に載せる事で誰がつくっても失敗しないようになったそうです。ギョーザを作る時は、袋の説明書をしっかり見ながら作ってくださいね。

また、ギョーザはそのまま食べるのもおいしいのですが、少し変わった味を楽しみたい方は、焼いたギューザをサンチュに載せてそこに焼肉のタレとコチュジャンをお好みの量入れて包んで食べると美味しいそうです。ぜひ試して食べてみたいですね。