美味しいクスリが増えている!

現在、さまざまな味の美味しいクスリがあるのをご存知ですか?
例えば
・オレンジミルク味の抗生物質
・ピーチ味の代謝拮抗剤
・緑茶味の脳卒中薬
・ストロベリー味のアレルギー疾患治療薬
・ココア味の胃潰瘍薬
・ミックスフルーツ味の抗生物質
・メープル味の胃潰瘍薬
・青りんご味お呼吸器官薬
・コーンスープ味の経腸栄養剤、など

なぜ、このような味のクスリが増えたのでしょう。

みなさんは、OD錠と言う薬をごぞんじですか?
このクスリは、口の中に入れると直ぐに崩壊するので水が無くても飲みやすいクスリと言う事で人気なんだそうです。

ですが、苦みがあり飲みにくいという患者さんが多いそうです。そこで、沢井製薬ではこの苦みをなくし、苦くない薬の研究を行うことにしました。それから数年後、苦みが少ない薬の開発に成功したのです。

ところが、今度は酸味が残ってしまったそうです。そこで、酸味を消して飲みやすい薬を作るために味をつけることにしたのです。その先駆けとなったのがレモン味とストロベリー味なんだそうです。

販売開始したらお年寄りを中心に大人気となり、その後、他の製薬会社でも味の付いたOD錠の開発がはじまり、さまざまな味が誕生する事になったそうです。

ですが、実は、クスリに入れられる果汁やエキスはごく微量と決められているそうです。そうなると全く味がしません。そこで、味の代わりに香りをつけているだけなんだそうです。

香りをつけたクスリを飲むと、嗅覚が刺激されて脳が勘違いをするのだそうです。例えば、ストロベリー味をつけたクスリを飲むと、脳で「イチゴ味だ・・・」と思い勘違いをしてしい、苦みは変わらないのに美味しいとかんじるのだそうです。

また、美味しいクスリが増えたもう一つの理由は、ジェネリック医薬品が増えた事も関係しているそうです。

ジェネリック医薬品とは、新薬の特許が切れて、どの会社でも作れるようになったクスリのこと。有効成分は同じで、価格が低価格なので、近年急激に需要が伸びているそうです。

つまり、どこの製薬会社でも作れることで競争になり、有利性を各製薬会社で出すことが大切になり、味が増える一因になったとも言われています。

空き家の使い方

2ヶ月ほど前に隣のご主人がなくなり、残された家族はマンションに引っ越し

隣はの家は空き家になった。誰も住まないまま放置されている。

日当たりもよく、手入れもされていた庭が少しずつ荒れて来た。

近所の話では、こんな空き家が何件もあるらしい。

そして、空き家を活用するために駐車場経営を始める人が増えた。

ふと気づけば、ポツポツと駐車場があるけど

よく考えれば、以前は空き家だったところばかり!

空き家のまま放置する訳にもゆかず、かといってマンションや

アパートを建てるにはお金がかかり過ぎるから無理!

駐車場は、土地を整備するだけでだから、少ない費用で始められるという

メリットがあるために、とりあえず始める人が多いらしい。

現在、隣の家は、その気配もないが、あそこが駐車場になるのは気が滅入る。

とても環境の良い住宅地になっているのに、突然、駐車場にするのは本当に簡便です。

みなさんの周りにも空き家から駐車場になったところがあるんじゃないですか?

とても空き家が多いだけに、駐車場だらけになっても困りますよね。

ユニクロのヒートテックのこだわり

寒い季節に欠かせない、カラダを温めてくれるインナーウエアがヒートテック。発売は2003年なんだそうですが、多くの人が愛用されているのではないでしょうか。

ユニクロのヒートテックは、人の体から出る水分を熱に変える特殊な糸が使われており、それによって体を温かくしています。現在はユニクロだけではなく、色んなメーカーがカラダを温めるインナーウエアを開発し販売していますよね。

ですが、ユニクロのヒートテックにはこだわりがあるんですよ。実は男性用と女性用ではそれぞれ機能が違うんです。

女性用のヒートテックは、男性用のヒートテックよりも肌ざわりがなめらかで柔らかく出来ています。これは、女性の肌のほうが男性よりも敏感なので、男性用よりも細い糸を使用して肌触りを重視して作っているそうです。

一方、男性用は、汗や体臭の悩みを抱えている人がおおいので、消臭機能がある特殊な糸を使って作っているそうです。

そんなヒートテック着方によって保温効果が高める事が出来ます!

みなさんは、ヒートテックを購入する時、サイズはピッタリのを選びますが?それともゆったりしたほうを選びますか?

ピタッと着た方が温かいと思って、少しキツめのサイズを購入される人もいますが、それだとヒートテックの機能を十分に引き出しせていないそうです。

実は、肌と生地の間に温かさを閉じ込める為に、多少の隙間がある事が大切なんだそうです。つまり少し余裕のあるサイズを選ぶほうがヒートテックは温かいのです。

今年、ヒートテックを購入しようと考えている方は、参考にしてくださいね。

携帯電話の声は自分の声ではない!?

NTTドコモによると、携帯電話で聞こえてくる電話越しの声は、本人の声ではなく作られた声なんだそうです。膨大な種類の音声のパターンから選び出した音を使って似た声を合成しているんだそうです。

そのしくみは、携帯電話で話している声を分析して、膨大な音のデーターの中から組み合わせて本人に似た声を相手に届けているんだそうです。その声は、携帯電話の中に入っているチップでその人の似た声を瞬時に作っているんだそうです。

そういえば、昔から電話の声って本人と少し違った声だと感じていた人も多いのではないでしょうか。

実は、今のほうが本人に似た声を作りだす事ができていて、一昔前のFOMAの時のほうが、もっとこもった声で聞こえていたのかもしれないんだそうです。それは、最新のヴォルテHDプラスという通話方式になって、音声の品質が良くなったんだそうです。

先日、兄と電話で話していて、なんか声がこもっていて何を喋っているのか聞こえにくく、携帯電話が古いんじゃないのか?と聞いたらアイホンだと言っていたけど、兄の声は作りにくい声なのかな?もっとはっきり喋るように伝えよう。

また、自分で聞いている自分の声と、録音して聞く自分の声も違う声に聞こえてますよね。これは、骨を伝わる振動音を聞いているかどうかの違いなんだそうです。

普段聞いている自分の声は、頭蓋骨を伝わって耳に届く振動音も混ざって聞こえているので、周りの人が聞いている声よりも自分が聞いている声は低く聞こえています。何か不思議ですよね。

鼻づまりの原因について

わたしは、ここ7年くらい鼻の調子が悪くて冬になると鼻水が出て、寝ていると鼻がつまる。

この鼻づまりですが、鼻水がつまる事では無いんですね。これは専門家がテレビで解説していたんですが、鼻づまりの主な原因は鼻の粘膜が炎症によって腫れてしまい空気の通りが狭くなってしまい起こる症状なんだそうです。

鼻づまりの原因は、大きく分けると2つ。

➀鼻腔の粘膜の炎症。良く言われる鼻炎です。鼻水はくしゃみが主な症状。
➁副鼻腔の炎症。副鼻腔は顔面の骨の中にある空洞でそこで炎症が起こると慢性副鼻腔炎と言われるよく言われる蓄膿症。酷くなると、膿が溜り神経を圧迫するので頭痛や顔面痛などが起こる。

さらに恐ろしいのは、鼻づまりで口呼吸になること。鼻呼吸の場合は、鼻には鼻水などで湿った粘膜があります。それが有害物質や病原菌が侵入しようとしても防ぐ役割をしています。

ですが、口呼吸の場合は、空気中には病原菌がたくさん飛んでいますよね、その病原菌や有害物質が入りやすくなってしまいます。さらに口呼吸は、生活習慣病、心臓病、睡眠時無呼吸症候群、関節痛、虫歯、口臭などの原因となります。

また、慢性鼻炎の粘膜の特徴は、日中は腫れが少なく、夜になると腫れがひどくなる特徴があり、睡眠中に鼻がつまったりしてしまうのです。これを医療の専門家は隠れ鼻づまりと言っているらしいのですが、隠れ鼻づまりになると良質の睡眠がとれないので、脳の疲れが取れなくなり、集中力や体力が低下してしまうことにもあるそうです。

この鼻づまりの原因である鼻の炎症を予防するのにおすすめなのが鼻うがいです。ぬるま湯1リットルに対して塩が9gの食塩水を使って鼻うがいをしましょう。

鼻水は、鼻の粘膜を湿らすために1日に1,5㍑作られています。鼻の粘膜は乾燥しやすく、粘膜を常に湿らせておくにはたくさんの鼻水が必要になるんですね。