赤ちゃんの洗濯物は自然派の洗濯洗剤で洗いましょう!

赤ちゃんのお肌に小さなブツブツなどのできものができることがありますが、その原因の一つに、洗濯で洗い落とし仕切れずに衣類やタオルなど残った洗濯洗剤の場合もあるようです。

人間の皮膚には、元々外敵から身を守るバリア機能が備わっています。でも、体が成熟していない赤ちゃんのお肌は、とてもデリケート、その為、外から受ける刺激に弱く、お肌のトラブルが起こりやすいです。

そんなデリケートな赤ちゃんのお肌を守るには、赤ちゃんのお肌に合った洗濯洗剤を使うのが大切です。

ポイントは、優れた生分解性、お肌に優しい洗浄成分、不要な添加物の排除の3つです。

なるべく、この3つのポイントを全て満たした洗剤を選ぶといいですね、

生分解性とは、成分が微生物によって分解されやすさ示したものです。生分解性が優れていると、洗濯で衣類やタオルに残った洗剤をキレイに落とせるんです。

ですが、生分解性に優れていても、衣類に洗剤が残ってしまう場合もあります。これでは、赤ちゃんのデリケートなお肌を守ることができません。

赤ちゃんのお肌にも優しい、トウモロコシ由来やヤシ由来の洗浄成分を配合の洗剤も販売されていますので、自然由来の洗浄成分が入った洗剤を選んでみるもの選択のひとうです。

また、一般的な洗剤には、洗い上がりの衣類の白さを際立たせるために、蛍光剤・漂白剤・着色剤・合成香料といった添加剤が使われています。ところが、これらの添加剤も赤ちゃんのお肌のトラブルの原因になってしまうんです。

赤ちゃんのお肌への影響が高い不要な添加剤を排除した商品をえらびましょう。