ダイエットにおすすめ!ご飯は冷やした方が太りにく

最近は、ご飯は太りやすいからと言って食べない人もいます。ですが、ご飯好きな私には食べない。ということはできません。こんなに美味しいお米を食べないなんて無理です。

そしたら、多くのTVに出演しておなじみの池谷幸雄先生がご飯を食べる時冷やすと太りにくいという話をしていました。どういう事なのが紹介したいと思います。

ですが、そもそもお米などの炭水化物が太りやすいと言われている理由をご存知ですか?

ご飯や小麦粉などに多く含まれている炭水化物(糖質)を食べると、血液中の糖質が多くなり血糖値が急激に上昇してしまいます。

するとそれを下げるためにインスリンと言うホルモンが大量に分泌されます。このインスリンは糖質を脂肪に変えて溜め込む性質をもっているので肥満につながりやすいと考えられています。

では池谷先生が話していた、ご飯は冷やすと太りにくくなるという話ですが、池谷先生の話だと、温かいご飯と冷ましたご飯を同量食べるなら冷えたご飯の方がカロリーが低く太りにくくするのだそうです。

これは、温かいご飯に含まれているデンプンが冷めることで、消化されにくいでんぷんレジスタントスターチに変化するからなんだそうです。

レジスタントスターチは、食物繊維と同じ働きをするため、体の中に吸収されないで糖や脂質の吸収を抑制して太りにくくしてくれるのだとか。

また、腸まで届いて善玉菌であるビフィズス菌を増やす働きもあり腸内環境を整えたり、空腹を感じにくくするなども期待できるんだそうです。

もちろん、食べすぎはよくありませんが、温かいご飯より冷えたご飯の方が太りにくいのです。また、ご飯だけでなく、小麦粉を使ったパスタ、うどん、パン、ジャガイモもなども同じことが言えるそうです。

池谷先生は、昼食にコンビニでおにぎりを買って温めないで食べていました。

私はパンをレンジで温めて食べるのが好きだったのですが、これからは止めます。うどんも食べるときは冷やしうどんにします。

ですが、あまり冷たい物を食べていると今度はカラダが冷えてしまうので、食後に温かいお茶など飲んで体を温めるといいですね。本当にダイエットって大変!

味の素のギョーザの失敗しない焼き方

スーパーに買い物に行った際に、いつもより安く販売しているとついまとめ買いをしてしまう味の素のギョーザ。年間約1億パックも売れていて、15年間連続1位の人気の冷凍食品なんだそうです。

これを食べるまでは、ニラ、ひき肉、キャベツ、ギョーザの皮など買って自分でギョーザを作って食べていましたが、味がいまいちでジューシーでもない。

そこで、CMで見た味の素のギューザを買って食べたら美味しさにビックリ!お値段も購入しやすい価格なので、それからは自分でギョーザを作らなくなりました。

味の素のギョーザが美味しいのは具材のバランスもありますが、もう一つ美味しい理由はあのパリパリの羽根つきです。TVで味の素の会社の方がその羽根つきの焼き方を伝授していましたので紹介します。

  1. フライパンにギョーザをいれます。油も水も必要ありません。
  2. フタをして中火で約5分焼いたらフタをとります
  3. さらに約2分焼いて全体に焼き色をつけたら完成!
  4. フライパンにお皿でフタをして、反対にするときれいに盛り付けられます。

こんなに簡単に誰が焼いても失敗しない理由は、フライパンで熱すると羽根の元から油と水分が溶けだすようになっているそうです。

そして、もう一つ重要なのが火加減です。中火で焼くように袋にも記載されていますが、その中火がどの位の火加減なのかよくわかりません。そこで味の素では、中火の火加減を分かり易く写真を袋に載せる事で誰がつくっても失敗しないようになったそうです。ギョーザを作る時は、袋の説明書をしっかり見ながら作ってくださいね。

また、ギョーザはそのまま食べるのもおいしいのですが、少し変わった味を楽しみたい方は、焼いたギューザをサンチュに載せてそこに焼肉のタレとコチュジャンをお好みの量入れて包んで食べると美味しいそうです。ぜひ試して食べてみたいですね。