ニトリの「シンク下伸縮ラック2段」なら排水管があっても大丈夫!

流し台の下の収納で皆さんは悩まれていませんか?


流し台などシンク下の収納スペースに鍋やボールなど収納するのにラック使う人も多いかと思いますが、その時、排水管が邪魔になりませんか?

そこで、優れものを紹介します。キッチン用品や生活用品を取り扱っており人気のニトリ。これは、私も「ほしい!」思った。

ニトリのラックは、そんな排水管を避けて使えるラックでスペースを無駄なく収納できるんです!

設置方法も簡単。まず横枠を2つ立てて、好きな高さにポールを差し込みネジで固定します。高さは13段階あるので好きな高さで選べます。

つづいて、もう一本のポールも同じようにして設置します。すると ”コの字” の様な形になります。

そこで、排水管を囲むようにシンク下に入れます。排水管の奥に先ほどと同じように2本のポールを設置し排水管を囲みます。

実はその4本のポールは最大75cmまで伸縮するのです!

あとは、排水管を避けて棚板をつければオリジナルのラックが完成します。

シンク下伸縮ラック2段のお値段は1490円。耐荷重は約10kgまで。

購入した人の中には、ブーツなど高さがあるので下駄箱で使っている人もいました。色んな使い方まだまだありそうですね。

お米の保存に人気の無印良品の【冷蔵庫用米保存容器】

我が家でのお米の保存は何もしていません。どうせすぐに食べてしまうのだからと思い、お店で買ってきた袋にいれたままにしています。

ですが、暑くなるとお米をこのままにしていていいのだろうか?と不安。

お米に適している保存方法は、品質の劣化を防ぐために、涼しくて暗い場所に保存するのが基本です。

そんな中、人気だと知ったのが無印良品で考え抜かれたお米の保存容器。

なんと!冷蔵庫で保存することに特化した冷蔵庫用米保存容器なんです。

人気の理由は、冷蔵庫のドアポケットに入る幅と高さが計算されたスリムな形。

縦にも横にも置けて、お米の容量は2㎏まで収納できます。さらに、蓋が計量カップになって、注ぎ口もこぼれないように狭くなっています。

お値段は990円!利用者の中には、湿気が入らないので、コーンフレークを入れたりとさまざまな用途方法で利用されているようです。